個展「華_Hana」

Web特設ページ

本展に関して

昨今、Facebook等SNSの普及により人と人の距離感が近くなりました。
しかし、一見バーチャルでは繫がっていますが人間らしい”繋がり”が希薄に
なっているような気がします。この時代において、華というテーマを用いて
私なりに現代社会を見つめた作品群です。
本ページでは個展の風景、作品をWeb展覧会のように公開しております。
是非ご高覧下さいますようお願い申し上げます。

展覧会場風景
京都ギャリエヤマシタ2号館1Fで2015年3月24〜29日まで開催。
すべて新作による全9点で構成。

作品,華,人

hana.jpghana.jpghito.jpghito.jpg

「華_Time」「人_Key」制作について

本展のメイン作「華_Time」、「人_Key」。
洋紙に自家製墨とジェッソを使用。

「華」と「花」は意味が異なる。白川 静著「字通」によると
「華」には【人事に及ぼして、さかえる、ほまれ、すぐれる 】
意味も含む。

「華」という文字のカタチを借り、自然を、社会を、
そして人を表現したい。そんな「華」を書ければと願う。

写真をクリックすると拡大します。

作品,想作品,想
「想」中国本画仙紙+シュロ筆+和墨
作品.曲作品.曲
「曲_欠落」和紙+馬毛筆+自家製墨

作品,舞作品,舞
「舞」和紙+羊毛筆+自家製墨+和墨
作品,草作品,草
「草」中国本画仙紙+シュロ筆+自家製墨+和墨

写真クリックにて拡大表示

京表具とのコラボレーション
作品「華」

古代絓本銀筋廻し片明朝表装
表具師:前田倫明

華_web.jpg
中国本画仙紙+羊毛筆+和墨
掛け軸では本紙の周りと右側に本銀を使用



華細部_web.jpg

現代建築の中で・・・・

床の間に掛け軸というスタイルが少なくなってきている現代。
そこで玄関やリビングなど、日常空間に展示できる
「現代建築の中で楽しむ掛け軸」を意識したデザインです。

写真をクリックすると拡大します。

個展を終えて

皆様の御支援により、連日盛会の個展となりました。すべての方に心より厚く御礼申し上げます。
地元京都での新作発表個展となった本展覧会は旧友との再会や、新たな出会いもたくさんありました。
これからも現代の書の形を模索していくため、真摯に伝統書の鍛錬に向かいたいと思います。
自由な精神を持ち様々な作品に挑戦できるのも、伝統という帰る場所があるからこそ・・・・。
どうか今後とも書家 福田匠吾をよろしくお願い申し上げます!

匠吾 感謝

2015年新作発表の展覧会情報

5/22〜24 墨集団 翔Sho代表作家展 『書墨美』(京都ギャリエヤマシタ2号館1F)
7/21〜26 さまざまな書のカタチ 軸装展 (京都ギャリエヤマシタ2号館1F)



匠吾ロゴ.jpg

会場風景_02.jpg
愛_web.jpg

写真をクリックすると拡大します。